シミ・そばかすに悩む全ての女性へ。
シミ・そばかすを解消した女性の意見をまとめました。

シミ・そばかすの対策方法とは?

美白の大敵シミ・そばかす。

そばかすは遺伝によるもの。
シミは紫外線で発生したメラニンが色素沈着したもの。

どちらも良く似ていますが実は違うものなのです。


共通点はどちらも紫外線によって濃くなること。
シミ・そばかす対策で大切なのは紫外線予防ときちんとしたスキンケアなのです。


遺伝性の強いそばかすは消すことは困難とされていますが、
シミと同じでスキンケアをすることでかなり目立たなく薄くすることは可能なので、
根気よくしっかりと日焼け止め・スキンケアすることが必要です。


外に出る時は紫外線カットの帽子や日傘などの紫外線対策グッズを使用したり、
日焼け止めクリームを塗りましょう。

ちょっとした洗濯干しやゴミ出し程度なら・・・と思いがちですが、
そんな一時でも紫外線は浴びてしまいます。
紫外線は蓄積されるのでたとえ短時間でも紫外線対策は必要なのです。


身体に水分補給も必要です。
一日1・5リットルは水分が必要なので心がけて水分を摂りましょう。


そして大切なのが保湿
お肌が乾燥をすると日焼けしやすく、
しわ・たるみ・シミ・そばかすが出来安くなってしまいます。

お肌を充分に保湿すると共に、十分な水分補給することで、
内側からも外側からも潤いシミ・そばかす予防につながるのです。


シミ対策にはお肌に良い食品を積極的に摂る事も大切です。
ビタミンC・ビタミンE・イソフラボン・タウリン・ビタミンB12などは大切。

肌に張りと美白効果・メラニンの発生を抑えるのがビタミンC
シミには欠かせない栄養素の1つです。
いちご、トマト、オレンジ、レモンなどを美味しくいただきましょう。

肌の炎症を抑えたりお肌の再生を促進させてくれるのがビタミンE
ホウレンソウ、ピーナッツ、大豆などを積極的に摂りましょう。

イソフラボンを多く含むのが大豆、納豆、豆腐などで
タウリンを多く含むのが牡蠣、貝、たこ・いかなどです。
ビタミンB12はアサリ、レバー、サンマ、シジミなどに含まれています。

これらの食品と一緒にコラーゲンも積極的に摂ることをおすすめします。

コラーゲンは加齢とともに体内での生成が難しくなるので、
手羽先や豚足、牛すじやウナギなどで補いましょう。

実際に利用して効果があった化粧品ランキング

多くの方々の体験談から、実際にシミ・そばかすに効果があったと感じられた
化粧品のランキングはこちらです。




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ