シミ・そばかすに悩む全ての女性へ。
シミ・そばかすを解消した女性の意見をまとめました。

顔に出来るシミ・そばかすについて

シミにはいろいろな種類があるのはご存知でしょうか。

最近薬局やテレビでよく目にする肝班。

これは、左右対象に目の周りを中心として額やほおにでき、
女性ホルモンが影響しているしみです。
妊娠中にはホルモンが崩れやすいためにできやすいのも特徴ですね。

そして、色素沈着からできるしみ。

若い頃は、にきびや怪我の痕は時間がたつと消え、
元のきれいな肌に戻ることが多いですが、稀に残ってしまうことがありますよね。

加齢と共にその率は増えていきます。
にきびをむやみにつぶすとそれが痕となって残ってしまい、
それがシミとなってしまいます。


老人性色素班とは、加齢によるもので、若い頃に積み重ねた紫外線が原因で、
顔や手といった紫外線のあたりやすい場所に現れてくるものです。

若い頃は、全くシミがなくきれいな肌なので油断しがちで、
日焼け止めを塗るといった紫外線対策を怠りがちです。
それが、将来しみとなって現れてくるので要注意です。


小さい頃から顔にポツポツと斑点のようなものができてる子もいますが、
これはそばかすで、加齢と共に目立ちにくくなるものです。


顔は紫外線が当たる率が一番多い部分です。
そのために、顔のシミは紫外線からが7割だと言われているぐらい
紫外線は顔のシミの大敵です。

顔を紫外線から守るには、帽子や日傘や日焼け止め対策をするしかないですね。
それだけでも紫外線にあたるのを少しでも防げるので、
シミの量も変わってくるでしょう。

今は大丈夫だと思っていても、メラニンが蓄積され、
日にちと共にシミとなって現れてくるので要注意です。

しかも、紫外線のあたりやすい頬や鼻にシミはできやすいので、
顔の中でも目立ちやすい場所です。

顔は会った時に最初に見る人がほとんどですよね。
「おはよう」と言いながら、顔を見ない人は稀でしょう。

例えお腹や足を見る人がいても服を着て隠せますが、
顔は全面マスクで毎日歩くわけにはいきませんから、
顔のシミやそばかすはできるだけ避けたいものです。


シミやそばかすを増やさないために、紫外線予防と美白を大切にしましょう。

実際に利用して効果があった化粧品ランキング

多くの方々の体験談から、実際にシミ・そばかすに効果があったと感じられた
化粧品のランキングはこちらです。




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ